トップページ » プライバシーポリシー » 行政書士法人 名南経営

プライバシーポリシー

行政書士法人 名南経営

利用目的

お客様の個人情報の取り扱いについて

 行政書士法人 名南経営は、お客様の個人情報を保護することが重要な責務であることを認識し、その取り扱いについて次のように定めます。

  1. 個人情報の利用目的
    個人情報は、次の目的で使用します。なお、個人情報の内容に不備等がございますと、適切なサービスが提供できない場合がありますので、ご了承ください。

    1. 行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を作成すること。
    2. 行政書士が作成することができる権利義務に関する書類を作成すること。
    3. 行政書士が作成することができる事実証明に関する書類を作成すること。
    4. 行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等(行政手続法 (平成五年法律第八十八号)第二条第三号 に規定する許認可等及び当該書類の受理をいう。次号において同じ。)に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法 (昭和二十四年法律第二百五号)第七十二条 に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く。)について代理すること。
    5. 行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立ての手続について代理し、及びその手続について官公署に提出する書類を作成すること。
    6. 行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること。
    7. 行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること。
    8. 出入国関係申請取次業務(出入国管理及び難民認定法 (昭和二十六年政令第三百十九号)第七条の二第一項 、第十九条第二項、第十九条の二第一項、第二十条第二項、第二十一条第二項、第二十二条第一項、第二十二条の二第二項(第二十二条の三において準用する場合を含む。)及び第二十六条第一項に規定する申請に関し申請書、資料及び書類の提出並びに書類の提示を行う業務をいう。)。
    9. 行政書士又は行政書士法人の業務に関連する講習会の開催、出版物の刊行その他の教育及び普及の業務
    10. 行政書士又は行政書士法人の業務に附帯し、又は密接に関連する業務
  2. 個人情報の管理について
    弊法人は、上記様々な目的から個人情報の取得、利用、提供、保管等を行いますが、その実施にあたっては個人情報保護法、その他個人情報保護に関する指針、条例等に沿って適切に行うものとします。

  3. 個人情報の第三者への提供及び委託について
    お客様からのご相談や専門サービスを提供する際に、弊法人以外の専門家の助言が必要な場合には、同意を得た上で第三者へ情報を提供することがあります。

  4. 個人情報の開示、訂正、利用停止等の手続き
    お預かりした個人情報が不正確である場合には、正確なものに変更させていただきます。
    弊法人からのダイレクトメ-ルや電子メ-ルでのご案内について、お客さまが希望されない場合は、 取扱いを停止させていただきます。お客さまの個人データの開示、訂正・追加・削除、または利用の停止・消去、第三者への提供の停止等をご希望の方は、必要な手続きについてご案内いたしますので、 下記窓口までお申出ください。その際、お申出の方がご本人であることを確認させていただいた上で速やかに対応させていただきます。
    また、ご希望の全部または一部に応じられない場合はその理由をご説明します。
行政書士法人 名南経営 個人情報相談窓口:TEL052-598-2362
平成27年7月1日
行政書士法人 名南経営
社員 荻野恭弘

ページのTOPへ