トップページ » セミナー » 中小企業のための具体例によるベトナム進出時のチェックポイント

セミナー

中小企業のための具体例によるベトナム進出時のチェックポイント

内容

 今後、5年間におけるベトナムの国内総生産(GDP)の年平均成長率は、+6.5~7.0%となる見通しであり、2020年までの国民一人当たりのGDPは3,200~3,500USDに達する見込みです。今後、益々の経済成長が予測されるベトナムは、今、海外進出拠点として脚光を浴びています。
 今回の勉強会では、具体例からベトナム進出時に注意すべきポイントをお話しさせていただきます。ぜひご参加ください。

カリキュラム

1)ベトナム投資環境の概要 
2)具体例によるチェックポイント
  ⅰ)進出形態:ベトナムにて商品・製品を販売したい場合はどのような形態(法人、駐在員事務所又は出張ベース)で進出すればよいか?など。
  ⅱ)出張時:ベトナムへ出張する場合、ビザは必要ですか?など。
  ⅲ)駐在者:駐在者の給与は、ベトナムにて納税が必要ですか?など。
  ⅳ)スタッフ:解雇したいスタッフがいるのですが…など。
  ⅴ)本社間取引:税務調査時に、過去の本社からの原材料取引について指摘がありました、など。 

開催要領

会 場 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号JPタワー名古屋33F 会議室
※JR・地下鉄名古屋駅より、会場まで徒歩5分

35.173608,136.882459
日 時 2017年1月25日(水) 15:30~17:00(開場15:15)
講 師 税理士法人 名南経営 国際部 税理士 盛田信
受講料 無料

お問い合わせ先

お問い合わせは下記までお願いします。
税理士法人名南経営 国際部
〒450-6333 名古屋市中村区名駅1丁目1番1号 JPタワー名古屋33階
TEL:052-589-2304 (担当:安藤)

募集終了

ページのTOPへ