トップページ » セミナー » 外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)総合的な見直しのポイント

セミナー

外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)総合的な見直しのポイント

セミナー内容

 海外に子会社を持つ日系企業は年々増加しており、海外へ進出する際に検討しなければならない重要な税制の一つが外国子会社合算税制(いわゆるタックスヘイブン対策税制)です。平成29年度税制改正では、「BEPSプロジェクト」の考え方を踏まえて、国際的な租税回避に対応するために総合的な見直しが行われました。
この見直しにより、現状は外国子会社合算税制の適用対象外となっている企業も再度、適用対象となるかどうかの検討をする必要があります。
今回の勉強会では、外国子会社合算税制の見直しの内容、また、これに伴う実務上の影響および日系企業が今後取り組むべきことのポイントをお話しさせていただきます。ぜひご参加ください。

勉強会内容

  • 1) 外国子会社合算税制の総合的な見直しの内容(改正の背景を踏まえて)
  •  

  • 2) 実務への具体的な影響
  •  

  • 3) 今後、取り組んでいくべきこと

開催要項

対 象 海外進出をしているもしくは検討している企業又は個人
会 場 税理士法人名南経営 会議室(名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋33階 会議室)

35.173608,136.882459
日 時 平成29年5月11日(木) 15:30~17:00(開場15:15)
講 師 税理士法人名南経営 国際部 税理士 浦田雄治
持ち物 なし
受講料 無料

お問い合わせ先TEL

税理士法人名南経営 国際部
〒450-6333 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号JPタワー名古屋33階
TEL.052-589-2304 【担当者/安藤】


ページのTOPへ