トップページ » セミナー » 新制度下における運営の留意点と社会福祉充実残額の振り返り

セミナー

新制度下における運営の留意点と社会福祉充実残額の振り返り

セミナー概要

 社会福祉法人制度改革に伴う大きな改正は今年の4月に一斉にスタートしました。
 理事会、評議員会は6月末までに開催すればよくなり、前年度より多少時間的余裕が生まれるのかとも思われましたが、実際のところは理事会と評議員会の開催日を2週間空けなければならなかったり、財務諸表開示システムへの対応に多くの時間を取られたりと、例年より厳しい決算期だったとの声をよく聞きます。
 今回は、新しい制度における重要な運営上の留意点についてご説明するとともに、まだまだ不安な方が多い社会福祉充実残額の計算方法について算定例を用いて解説をいたします。

セミナー内容


◇新法対応での法人運営上の留意点

 ・FAQ等から実務対応で留意すべきものを抽出して紹介

◇社会福祉充実残額の計算式の解説
 ・活用可能な残額の算定 
 ・控除対象財産とは 
 ・社会福祉充実計画が必要な場合

開催要領

対 象 社会福祉法人の役員、職員の方 
  ※会計事務所、コンサル会社の方は対象外とさせていただきます。 
会 場 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋34階
※JR・地下鉄名古屋駅より、会場まで徒歩5分

35.173608,136.882459
日 時 平成29年9月15日(金) 14:00~16:00(受付開始13:30)
講 師 税理士法人 名南経営 井上 健
持ち物 筆記用具、電卓
受講料 無料

お問い合わせ先TEL

税理士法人名南経営
社会福祉法人支援プロジェクト
TEL:052-589-2301 【担当者/山田】

募集終了

ページのTOPへ