トップページ » サービス » 法人のお客様向けサービス » 新商品開発支援プログラム

法人のお客様向けサービス

新商品開発支援プログラム

新商品を開発したいとお考えの企業向けのサービスです。新商品開発のステップを明確にした後に、貴社の経営資源で可能な新商品開発の道筋を明確にいたします。

課題

  • 現在の事業の先行きが見えない。
  • 競争環境が厳しく、差別化を行いたい。
  • 新事業に進出したい。
  • 自社ブランドでの新商品を保有したい。
  • 新たな売上の種を作りたい。

新商品開発進める上での考え方

 企業において新製品開発とは、中期経営計画の中の重要な個別戦略です。従って、その開発の成否は、企業の今度を左右すると言っても過言ではありません。製品開発は終了したが「商品」として販売に値するものができていないでは意味がありません。よって、製品から「売れる商品」に至るまでの流れも整備する必要があります。またあわせて、販売が振るわない場合の、商品の改良に至る道筋も明確にすることが重要です。

新商品開発支援プログラムの手順

 新商品支援プログラムでの計画のステップは次の通りです。
Step.1企画
 製品のコンセプトシートを作成します。このコンセプトシートには、「製品コンセプト」「狙うべきターゲット」「そのターゲットへのアプローチのための「マーケティング計画書」を作成することとなります。
Step.2開発
 開発では、「目標品質展開表」の作成とその管理、製品開発、消費者ニーズの把握、技術的な製造の可能性、販売利益計画の妥当性などを検討します。さらに原材料の安定調達、生産設備やその投資額、法律への対応といった生産面、ネーミング、商標、販促計画といったマーケティングについても考慮します。
Step.3テスト生産
 製造ラインで製造確認と、テストセールス導入準備が必要となります。また 消費者・ユーザー視点での評価も求められます。
Step.4生産
 製品企画書による製造品質の保証、更に販売面においては、チャネルの選定やチャネル別の価格表の作成、更に販売先との取引条件の確認、また目標通りの販売ができない場合の原材料の入手ルート、生産ロット、包装材料、仕様等の見直しも必要になります。
以上の流れを元に新商品開発をご支援いたします。

ページのTOPへ

名南経営のコンサルティングの特徴

 私たちのコンサルティングは、理論だけに止まることのない実践型、お客様の現場に入り、お客様と一緒に考えながら、問題発見、解決を行うコンサルティングスタイルを目指します。
私たちの経営理念である「自利利他の精神に基づき、顧客様の明日への発展のために今日一日を価値あるものとします」を実践するためには、お客様の立場でお客様の身になって考えることが重要になるからです。明日の皆様の繁栄が私たちの成長につながります。

ページのTOPへ


よくあるご質問

「新商品開発支援プログラムでは実際に新商品を作ってくれるのですか?」

このプログラムは、新商品を開発することを目的とするものではなく、あくまで新商品の開発までの道筋を明らかにし、更に貴社の経営資源でのどのような商品開発が可能かを探るためのものです。

この道筋が明確になることで今後自社での新商品の構築ステップが明らかになり、経営体質強化につながります。

「新商品開発支援プログラムの期間はどのくらいになるのでしょうか?」

おおよそ1年を想定しています。新商品開発には製品コンセプト、ポジショニング、ターゲット設定、マーケティング基本戦略、開発、導入、市場投入等様々な調査や実施項目など多くのステップが必要になります。

お客様のニーズによっても異なりますが、おおよそ1年程度の構築イメージを考えていただくことが必要です。

下矢印
新商品開発支援プログラムのご相談は…
株式会社名南経営コンサルティングマネジメントコンサルティング事業部

電話受付時間:午前9時~午後6時(月~金曜日)

052-589-2780

「新商品開発支援プログラム」の主要コンサルタント紹介
伊藤 淳

伊藤 淳

いとう あつし

  • 主任研究員
保有資格
  • 農業経営アドバイザー合格者

ページのTOPへ