トップページ » サービス » 法人のお客様向けサービス » 組織風土改善コンサルティング

法人のお客様向けサービス

組織風土改善コンサルティング

あらゆる組織には、組織風土と呼ばれるものが存在します。それは、その集団に特有の性格であり、やがて企業文化として定着していきます。より好ましい企業文化を構築するための、組織風土の現状把握と改善対策立案、実行支援を行います。

課題

  • 経営幹部や社員の現状に対する危機感や問題意識が乏しい。
  • 各階層で意識の隔たりが大きい、全体のベクトルや価値観を合わせたい。
  • 会社の現状に満足せず、より良い状態を目指して改善して欲しい。
  • 社員がやりがいを持てる職場にしたい。
  • 変化を嫌う社員に革新を求めたい。

組織風土改善を進める上での考え方

組織風土・企業文化とは
 企業という組織は、その集団に特有の性格を形成しています。経営者の考え方の浸透や会社の成功・失敗という共通の経験を通じ、価値観の共有化が進むからです。これらを組織風土や企業文化と呼びます。
組織風土・企業文化の重要性
 新しく入社した方も、組織に属し続けることで、周囲の行動や考え方を吸収し、先輩社員と似通った行動を取るようになります。例えば、挨拶が素晴らしい会社は、皆の声が大きくなるものです。同様に一人ひとりの目標達成意欲や協力の精神など、組織が成長するために欠かせない習慣も、組織によって育まれるものでもあるのです。そのため、組織風土・企業文化を好ましいものとする取り組みが欠かせません。組織風土や企業文化は、経営陣にとっても当たり前になりやすいものです。外部の視点から、正しい現状把握を行うことで、好ましい企業文化を築き、企業活動をより活性化するための手がかりを掴み、対策を打つことが大切です。

ページのTOPへ

組織風土改善コンサルティングの手順

Step.1現状分析(組織風土診断)
 以下の手続きによって、現状の組織風土・企業文化を明らかにしていきます。

  1. アンケート対象者決定
  2. アンケート実施
  3. アンケート結果に基づくヒアリング
  4. ヒアリング結果のまとめ(課題抽出)
Step.2企業文化改善対策立案
 現状分析により、自社の組織風土・企業文化を形成してきた要因が明らかになったなら、それらを前提として、より好ましい組織風土・企業文化を構築するための、具体的な改善策の検討を行います。改善策は、具体的なアクションにまで落とし込み、実行をサポートします。
Step.3改善策の実行支援
 組織風土・企業文化の改善には時間がかかります。上記取組みを通じて、確実に成果へと結びつけるために、改善策の実行支援という形でサポートさせていただきます。状況が変われば、対策の修正も必要となるため、改善策については定期的なメンテナンスが必要です。

ページのTOPへ


よくあるご質問

「一人ひとりは良い人材なのだが、集団となるとどうも覇気がない・・・社内の雰囲気が悪いようだ」

企業文化を形成する主な要因は、組織内の制度や施策、ルールといったもの、あるいは経営陣の言動等なのです。もし、自社に好ましい企業文化が形成されていないとすれば、現在の組織の制度や施策、ルール等が良くない影響を及ぼしているか、経営陣の言動に問題がある可能性があります。良かれと思ってしたことが、良くない影響を及ぼしている可能性が高いと言えます。
よって、現在、組織にどのような組織風土・企業文化が形成されているかを、アンケートやヒアリング、あるいは観察によって明らかにし、そうした風土や文化を形成してきた要因を探ります。その上で、より好ましい企業文化を形成するための、効果的な制度や施策への転換をご提案します。また、経営陣の言動において、配慮すべき点も明らかにしていきます。

下矢印
組織風土改善コンサルティングのご相談は…
株式会社名南経営コンサルティングマネジメントコンサルティング事業部

電話受付時間:午前9時~午後6時(月~金曜日)

052-589-2780

「組織風土改善コンサルティング」の主要コンサルタント紹介
永井 晶也 ブログはこちら

永井 晶也

ながい まさや

  • 株式会社名南経営コンサルティング 取締役
  • マネジメントコンサルティング事業部
  • 統括部長
  • 株式会社名南財産コンサルタンツ 取締役
村野 文洋 ブログはこちら

村野 文洋

むらの ふみひろ

  • マネージャー
保有資格
  • CDA(キャリアコンサルタント)

ページのTOPへ