トップページ » サービス » 法人のお客様向けサービス » 就業規則整備コンサルティング

法人のお客様向けサービス

就業規則整備コンサルティング

就業規則は会社と社員の双方が安心して職務に専念できる環境を作るためにもっとも基本となるルールブックです。常時10人以上の労働者を使用している事業場では就業規則を作成し、所轄労働基準監督署長に届け出なければならないとされていますが、無用な労働トラブルを防止し、また会社が社員に期待する事項を明示するためには企業規模に関わらず、就業規則を作成しておくことが重要です。社会保険労務士法人 名南経営では、企業の労務リスクを低減し、労使が安心して働くことができる職場を実現する実践的な就業規則の整備を行います。

課題

  • 現在の法律や環境に対応した就業規則の整備・見直しを行いたい。
  • メンタルヘルス不調者の増加など、近年の労務管理の状況に合った就業規則を策定したい。
  • 労働トラブルが発生した際に、会社を無用なリスクから守るための就業規則を策定したい。
  • ルールを整備することで、社員の規律を高め、会社から社員に期待する事項を明確に伝えたい。
  • 労働基準監督署の調査で、就業規則の見直しに関する是正勧告を受けたので対応したい。

就業規則は社員の権利が書かれたもの?

 多くの経営者にとって就業規則は「年次有給休暇や時間外手当など、社員の様々な権利が書かれたもの」というイメージがあるようです。確かにそのような項目が記載されているのは事実ですが、一方では解雇の要件や懲戒処分の内容など、社員のみなさんにとって厳しい内容も多く盛り込まれています。ここで重要なのは、年次有給休暇や時間外手当など社員の権利に関する事項は、そもそも労働基準法で定められたものであり、仮に就業規則がなくとも、当然に社員の権利として認められたものであるということです。これに対し、解雇の要件や懲戒処分の内容などは、就業規則で自社のルールとして定めておかなければ、いざというときに社員との間のトラブルの原因となってしまいます。つまり、就業規則は会社と社員の間のもっとも基本的なルール(契約)をまとめたものであり、会社を無用な労働紛争から守るものなのです。安定した労使関係を構築するために、業種や企業規模に関わらず、就業規則の整備を行っておくようにしておきたいものです。

現代の就業規則は法改正以上に変化する環境への対応が重要

 人事労務に関する法律の改正が毎年のように行われています。企業としてはそうした法改正に確実に対応し、就業規則を見直していくことが求められますが、近年はそれ以上に社会環境の変化に対応することの重要性が増しています。例えば、メンタルヘルス不調者の増加による休職制度の見直し、パートタイマーなど非正規従業員の増加に対応するパートタイマー就業規則や労働契約書の整備などがその典型です。環境の変化により、従来の就業規則では想定もしていなかったようなトラブルが増加しています。無用なトラブルや実務上の混乱を避ける意味からも、就業規則が現状に対応できているか、チェックを行っておきましょう。

就業規則を整備することで得られる効果

  • 会社が社員に期待する行動や役割が明確になり、組織の方向性をまとめることができる。
  • 社員に納得感のあるルールができ、安心して働くことができる環境ができる。
  • 規則を整備する過程で法律知識や運用ノウハウも身につけることができる。
  • 無用な労働トラブルを減少させ、また発生時にもその拡大を防ぐことができる。
  • 労働基準監督署の調査への対応がスムーズに行うことができる。

就業規則整備の手順

Step.1経営者へのヒアリング
 当社コンサルタントが、経営者のみなさんのヒアリングを実施し、「どのような会社にしたいか」という根本的な想いを共有させて頂きます。それに基づき、どのような方針で規程作成を進めていくかを検討します。同時に、労働時間や賃金など現状のルールや運用方法の検討課題を抽出し、ご要望を確認します。
Step.2見積提示・受託
 ヒアリングの内容に加え、業種・規模などを考慮して必要な就業規則の種類とその詳細の内容などを提案し、お見積させて頂きます。
Step.3就業規則等の作成・改定
 就業規則の各条文の意味や背景をご説明しながら、実際の規定の整備を行います。その際、あわせて制度運用面のアドバイスもさせていただきます。
Step.4社員説明会開催と意見書受領
 完成した就業規則の内容について、社員説明会を開催します。その際、従業員代表を選出し、意見書を受領します。
Step.5労働基準監督署への届出、納品
 完成した就業規則を労働基準監督署へ届け出た上で、紙面およびデータにて納品します。

ページのTOPへ


よくあるご質問

「リスク対応型就業規則の整備をお願いできますか?」

近年、労働トラブル増加に対応するため、リスク対応型と呼ばれる厳しい内容の就業規則の整備が一つのトレンドになっています。特にトラブルになりやすい解雇・退職、懲戒、賃金に関する事項を中心に、いざというときに企業を守る就業規則の整備を行うことは企業のリスク管理としても重要ですので、当社でももちろん対応可能です。しかし、こうしたタイプの就業規則は「社員は一定確率でトラブルを起こす」という性悪説に立って整備を行う必要があるため、社員目線で見るとあまり気持ちの良いものではありません。そこで当社では、経営者のみなさんのお考えを十分にヒアリングし、その目的にあった規程整備をご提案しております。

下矢印
就業規則整備コンサルティングのご相談は…
社会保険労務士法人 名南経営

電話受付時間:午前9時~午後6時(月~金曜日)

052-589-2355

「就業規則整備コンサルティング」の主要コンサルタント紹介
大津 章敬 ブログはこちら

大津 章敬

おおつ あきのり

  • 株式会社名南経営コンサルティング 執行役員
  • 社会保険労務士法人 名南経営 代表社員
保有資格
  • 社会保険労務士
服部 英治 ブログはこちら

服部 英治

はっとり えいじ

  • 株式会社名南経営コンサルティング 主任研究員
  • 社会保険労務士法人 名南経営 社員社労士
保有資格
  • 社会保険労務士
出版物紹介 最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル
著者服部英治
発行元日本法令 (2011.11.01)

2,625円(税込)

多くの医療機関の人事制度・就業規則改定の実務に携ってきた著者が、業界の特性に合った就業規則および諸規程例を豊富に紹介し、その作成のポイントを詳解。採用から退職、育児・介護休業まで、さまざまなケース...

日本一わかりやすい!人事労務管理相談室
著者大津章敬、宮武貴美
発行元日本法令 (2009.08.01)

弊社ブログ「大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室」を全面書下ろしで単行本化。従業員の採用、退職、解雇、懲戒、そして労働時間管理・休日休暇の実務ポイントなどについて、会話形式で分かりやすく解説。

ページのTOPへ