トップページ » サービス » 法人のお客様向けサービス » 労働時間管理最適化コンサルティング

法人のお客様向けサービス

労働時間管理最適化コンサルティング

過重労働や未払い残業代など、労働時間に関する問題の重要性は高まる一方です。社会保険労務士法人 名南経営では、変形労働時間制や裁量労働時間制など御社に最適な労働時間制度の導入をサポートすると共に、時間外労働等の管理方法を提案し、労働コンプライアンスの実現を支援します。

課題

  • 自社の業務の実態にあった労働時間制度を導入し、ムダな時間外割増賃金の支給を抑制したい。
  • 過重労働を防止し、効率的な業務遂行を実現するための労働時間管理の仕組みを構築したい。
  • 退職者から未払い残業代請求を受けたが、今後、同様の問題が発生しないような仕組みを構築したい。
  • 労働基準監督署から労働時間問題に関する是正勧告を受けたので、対応したい。
  • 実労働時間短縮の取り組みを展開したい。

労働時間管理最適化の考え方

 労働時間問題と言えば、かつては未払い残業代(サービス残業)の問題が中心でしたが、いまでは労働時間の長さ自体が企業経営における大きなリスクとなっています。特に最近は脳・心臓疾患、精神障害に関する労災認定基準が整備されたことから、過重労働による健康障害が労災認定され、更には多額の民事請求がなされるという例が急増しています。よって今後は、自社の業務の実態にあった労働時間制度を設定した上で、文字通り「労働時間を管理」し、労働時間の削減を進めることが重要となります。 また今後の環境を予想すると、労働時間問題は管理監督者や営業職などに拡大していくことでしょう。課長以上は全員管理職、営業職には時間外割増賃金を支給していないというようなケースでは、深刻なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。今後は法律の改正だけではなく、各種裁判の動向や行政通達の動きなどにも注意を払いながら、その時々の環境で求められる労働時間管理の仕組みを構築していくことが求められます。

労働時間管理最適化コンサルティングの手順

Step.1現状分析
 就業規則のチェックとヒアリングに基づき、労働時間制度、労働時間の把握方法、残業管理、労働時間の長さなど現在の労働時間管理の状況を把握します。
Step.2課題抽出
 御社の業務内容を踏まえた上で、現在の労働時間管理における課題を抽出します。ここで抽出される課題の代表例は以下のような内容となります。

  1. 労働時間制度の不適合によるムダな時間外割増賃金の発生
  2. 形式的な時間短縮による時間外単価の上昇やムダな時間外割増賃金の発生
  3. 計算式のミスなど潜在的に発生している未払い残業代の存在およびその金銭リスク
  4. 労働基準監督署調査で指摘が予想される事項の抽出
  5. 過重労働等による労災、民事請求リスクの把握
  6. 労働時間把握方法および内容の課題抽出 など
Step.3改善策の検討
 抽出された各課題について、対策としての制度整備を実施した上で、今後の運用ルールまで検討します。

ページのTOPへ


よくあるご質問

「毎月月末はどうしても仕事が集中し恒常的な残業が発生しています。これを解決できる方法はないでしょうか?」

月内で繁閑の差がある場合には、まず1ヶ月単位の変形労働時間制の採用を検討することになります。この制度は、1ヶ月以内の一定期間を平均し、1週間当たりの労働時間が週40時間を超えない範囲内において、特定の日または週に1日8時間、週40時間を超えて労働させることができるというものです。 よって、例えば月末は1日の所定労働時間を伸ばし、また土曜日も出勤日とした上で、それ以外の時期の労働時間を短くすることで、週40時間制を実現することができます。

下矢印
労働時間管理最適化コンサルティングのご相談は…
社会保険労務士法人 名南経営

電話受付時間:午前9時~午後6時(月~金曜日)

052-589-2355

「労働時間管理最適化コンサルティング」の主要コンサルタント紹介
小山 邦彦 ブログはこちら

小山 邦彦

こやま くにひこ

  • 社会保険労務士法人 名南経営 代表社員
  • 株式会社名南経営コンサルティング 常務取締役
保有資格
  • 特定社会保険労務士
大津 章敬 ブログはこちら

大津 章敬

おおつ あきのり

  • 株式会社名南経営コンサルティング 執行役員
  • 社会保険労務士法人 名南経営 代表社員
保有資格
  • 社会保険労務士

ページのTOPへ