トップページ » サービス » 医療・福祉機関のお客様向けサービス » 職員の保障や退職金準備など福利厚生提案(生命保険提案)

医療・福祉機関のお客様向けサービス

職員の保障や退職金準備など福利厚生提案(生命保険提案)

生命保険の持つ特徴を活かし、職員のみなさんへの弔慰金・お見舞金支払への備えや退職金(死亡・生存)支払準備など福利厚生に適した生命保険を提案します。生命保険は死亡保障のみならず、医療に関する保障も準備することが可能ですので、職員のみなさんが入院・手術した際には、各種給付金をお見舞金に充てます。また、退職時には満期金、解約返戻金や死亡保険金を原資として備えます。

課題

  • 職員の退職金支払いに不安があるので、効果的に原資を準備を行いたい。
  • どのような保険商品が職員の福利厚生制度の準備に適しているかを知りたい。
  • 現在加入している職員の生命保険が備えとして適しているか確認したい。

福利厚生制度への備えの手順

Step.1現状分析とヒアリング
 弔慰金・お見舞金・退職金規程など職員のみなさんへの諸制度の内容、準備済みの内容、現在加入している生命保険の確認などを実施し、全体像を把握します。
Step.2必要額の算出
 諸規程の内容は見直しが必要か否か、ない場合は作成が必要かについて検討します。この場合、社会保険労務士などの専門のコンサルタントを交えて検討することをお勧めしますので、生命保険の検討以前に諸規程の整備が優先されることがあります。
Step.3必要額と準備済み状況のすり合わせと課題抽出
 必要額と準備済み内容をすり合わせ、過不足がないかを確認します。課題抽出時には、過不足額のみならず、効率よく適切な内容で準備されているかについても同時に分析します。
Step.4改善提案の提示と実行フォロー
 抽出した課題への改善提案を提示・ご説明します。新たなご要望などを確認し、必要な場合は再提示します。その後は、改善対応がスムーズに進むよう、随時フォローいたします。
Step.5見直し対応
 規程内容や必要額、準備内容がお客様の環境に合っているかを随時確認し、必要の際には見直しの対応を行います。

名南財産コンサルタンツの福利厚生制度対応の特徴

  1. ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格保有者が様々な角度から分析し、公正・中立な立場で最適なアドバイスを行います。
  2. 現在加入の保険を最大限活かすことを大前提として診断いたします。
  3. 10社の保険会社の中から最適な保険商品をご提案いたします。
  4. 必要があれば各分野の専門家をご紹介し、連携をとりながらご提案いたします。

ページのTOPへ


よくあるご質問

法人設立時に諸規程を作成してから見直しを行っていない。準備内容もその当時の制度や商品を踏襲しているが、見直す必要はあるでしょうか?

規程内容が現在の法令や御法人を取り巻く環境に適合していない可能があります。早急に規程の見直しと準備内容の見直しを同時進めることをご提案します。この場合、各分野の専門家と連携して進めることがより効率的です。

下矢印
職員の保障や退職金準備など福利厚生提案(生命保険提案)のご相談は…
株式会社名南財産コンサルタンツFP事業部

電話受付時間:午前9時~午後6時(月~金曜日)

052-589-2340(FP事業部)
052-589-2341(不動産部)

「職員の保障や退職金準備など福利厚生提案(生命保険提案)」の主要コンサルタント紹介
則武 佳保里

則武 佳保里

のりたけ かおり

  • FP事業部
保有資格
  • CFP(R) 認定者
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • トータル・ライフ・コンサルタント
栗原 真美 ブログはこちら

栗原 真美

くりはら まみ

  • FP事業部
保有資格
  • CFP(R) 認定者
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 宅地建物取引士
  • DCアドバイザー(年金・退職金総合アドバイザー)

ページのTOPへ