トップページ » セミナー » 停止時間とサイクルタイムを可視化する製造現場における生産性UPのポイント

セミナー

停止時間とサイクルタイムを可視化する</br>製造現場における生産性UPのポイント

セミナー概要

 近年の製造業においては、製造ラインの稼働状況を把握するために、IoT技術を利用するケースが増えてきました。生産管理板や生産日報を利用する企業もあれば、人手を掛けずに稼働状況を可視化するIoTツールを用いる企業もあります。
 しかしながら、稼働状況が見えただけでは、生産性は向上しません。稼働状況のデータより、停止時間やサイクルタイムを把握し改善のタネを見つけると共に、効果的な現場改善を行うことで初めて生産性が向上します。
 今回のセミナーでは、製造ラインの稼働状況を可視化し、現場改善に繋げる2つのポイントについてお伝えします。ぜひ、製造ラインの生産性向上にお役立てください。

カリキュラム

■生産設備の停止時間が把握できていない
■停止要因が把握できていない、もしくは曖昧になっている
■機械停止を減らしたいが、取り組み方が判らない
■製品のサイクルタイムがばらついている
■生産効率を上げたいが、現場改善の方法が判らない
          

こんな企業様にお勧めです

■注目するべき2つのポイント
   ・長時間停止の背景と理由
   ・サイクルタイムのばらつき
■稼働状況の可視化
   ・量産型と多品種小ロットの違い
   ・IoT技術の利用
■現場改善への取り組み方
   ・見えたムダにどう取り組むか
   ・生産性を上げるとは

開催要領

対 象 経営者、経営幹部、製造部門の責任者
定 員 40名
会 場 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋34階
※JR・地下鉄「名古屋」駅より、会場まで徒歩5分

35.173608,136.882459
日 時 平成31年4月9日(火) 14:00~15:30(13:30受付開始)
講 師 株式会社名南経営コンサルティング マネジメントコンサルティング事業部 五十嵐 勇人
持ち物 筆記用具
受講料 無料

お問い合わせ先TEL

株式会社名南経営コンサルティング マネジメントコンサルティング事業部 
〒450-6334 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋34階 
TEL:052-589-2784 【担当者/小林・五十嵐】


ページのTOPへ